はじめてのBlenderアドオン開発 (Blender 2.7版)

Last Update: 2019.4.2

3章 より高度なアドオンを作るために

2章 では簡単な機能を持つアドオンを紹介しながら、アドオンの作り方について基本的なことを説明しました。 2章 までの内容が理解できていれば、BlenderのAPIリファレンスや他の人が作成したアドオンのソースコードを見ながら、独自のアドオンを作ることができると思います。 しかし、これまでに紹介したAPIは、Blenderが提供するAPIのほんの一部です。
APIを理解するために毎回調査するのは大変ですし、そもそもどのようなAPIがあってどのようなことができるのか、2章 までの内容だけではわからないと思います。 このため、本章では知っておくと、作れるアドオンの幅が広がるようなAPIを、サンプルを使って紹介します。

本章の構成

  1. マウスクリックのイベントを扱う
  2. キーボードのキーイベントを扱う
  3. タイマのイベントを扱う
  4. OpenGLにアクセスするAPIを利用する
  5. blfモジュールを使って文字列を描画する
  6. オーディオファイルを再生する
  7. アドオンのUIを複数の言語に対応する
  8. 座標変換を活用する①
  9. 座標変換を活用する②
  10. ユーザー・プリファレンスを活用する