はじめてのBlenderアドオン開発 (Blender 2.7版)

Last Update: 2019.4.2

5-2. 作業時間計測ツール

本節では、メッシュ型のオブジェクトを選択した時間を、オブジェクトごとに計測するアドオンを紹介します。 本節のサンプルは、タイマを扱うわかりやすい例であることから、もともと 3-3節 のサンプルとして紹介することを考えていました。 しかし、ソースコードの規模が比較的大きいことと、他の節で説明する内容を多く含むことから、ここで紹介することにしました。

アドオンのソースコード

本節で紹介するアドオンは、はじめに の『本書で紹介するサンプルのソースコードについて』に記載したサンプルアドオンのダウンロード先から、ダウンロードできます。 chapter_05/sample_5_2.py を探してダウンロードしてください。

関連する節

本節のサンプルに使われているAPIについて説明している箇所は、次の通りです。 細かいところも含めると他の箇所も関係していますが、ここでは特に関連が深い箇所に絞って記載します。

アドオンの仕様

アドオンの機能を使用する

次の手順に従って、アドオンの動作を確認します。

1 [3Dビュー] エリアのプロパティパネルの項目 [作業時間計測] に配置されている [開始] ボタンをクリックします。
2 [3Dビュー] エリア上に配置されているセレクトボックス [オブジェクト] から、作業時間を表示したいオブジェクトを選択します。
3 選択したオブジェクトに関する作業時間が、[ウィンドウ] リージョンに表示されます。
4 ユーザー・プリファレンスのアドオン設定から、表示位置やフォントサイズを変更することができます。
5 [3Dビュー] エリアのプロパティパネルの項目 [作業時間計測] に配置されている [終了] ボタンをクリックすると、作業時間の計測が停止し、作業時間が [ウィンドウ] リージョンに表示されなくなります。