はじめてのBlenderアドオン開発 (Blender 2.7版)

Last Update: 2019.4.2

5-3. オーディオプレイヤー

本節では、mp3やwavなどのオーディオファイルを再生できる、オーディオプレイヤーとしての機能を持つアドオンを紹介します。 オーティオファイルを再生する方法については、3-6節 のサンプルで説明しました。 本節のサンプルでは、3-3節 のサンプルに一時停止や再開の機能などを追加し、最低限オーディオプレイヤーと呼べような機能を持つアドオンとなっています。

アドオンのソースコード

本節で紹介するアドオンは、はじめに の『本書で紹介するサンプルのソースコードについて』に記載したサンプルアドオンのダウンロード先から、ダウンロードできます。 chapter_05/sample_5_3.py を探してダウンロードしてください。

関連する節

本節のサンプルに使われているAPIについて説明している箇所は、次の通りです。 細かいところも含めると他の箇所も関係していますが、ここでは特に関連が深い箇所に絞って記載します。

アドオンの仕様

アドオンの機能を使用する

次の手順に従って、アドオンの動作を確認します。

1 [3Dビュー] エリアのツール・シェルフのタブ [オーディオプレイヤー] を選択します。
2 [オーディオファイルを選択] ボタンをクリックします。
3 ファイルブラウザが開くため、再生したいオーディオファイルを選択し、[オーディオファイルの選択] ボタンをクリックします。
4 選択したオーディオファイル名が表示されます。この状態で [再生] ボタンをクリックすると、選択したオーティオファイルが再生されます。
5 オーディオファイル再生中は、[音量] や [ピッチ] を変更することができるほか、オーディオ再生を [一時停止] または [再生再開] することもできます。また、オーディオファイル再生中は再生時間が表示されます。再生を停止したい場合は、[停止] ボタンをクリックします。[ループ再生] にチェックを入れると、オーディオファイルの再生が終わったときに最初からオーディオファイルが再生される、リピート再生を行うことができます。