はじめてのBlenderアドオン開発 (Blender 2.7版)

Last Update: 2019.4.2

5-4. オブジェクト名の表示サポート

本節では、[3Dビュー] エリアに表示されているオブジェクトの名前とマウスカーソルが重なったオブジェクトの名前を表示するアドオンを紹介します。 本節のサンプルは、主に 3-8節3-9節 で説明した内容を使って作成したアドオンです。

アドオンのソースコード

本節で紹介するアドオンは、はじめに の『本書で紹介するサンプルのソースコードについて』に記載したサンプルアドオンのダウンロード先から、ダウンロードできます。 chapter_05/sample_5_4.py を探してダウンロードしてください。

関連する節

本節のサンプルに使われているAPIについて説明している箇所は、次の通りです。 細かいところも含めると他の箇所も関係していますが、ここでは特に関連が深い箇所に絞って記載します。

アドオンの仕様

アドオンの機能を使用する

次の手順に従って、アドオンの動作を確認します。

1 [3Dビュー] エリアのプロパティパネルに追加された項目 [オブジェクト名の表示サポート] に配置されている [開始] ボタンをクリックします。
2 [3Dビュー] エリアで表示されているオブジェクトに重なるように、それぞれのオブジェクトの名前が表示されます。
3 [オブジェクトモード] 時に、[マウスカーソル] と重なったオブジェクト名が [3Dビュー] エリアの [ウィンドウ] リージョンに表示されます。
4 ユーザー・プリファレンスから、それぞれの機能で表示される文字列について、表示文字列のフォントサイズや位置を変更することができます。
5 [3Dビュー] エリアのプロパティパネルの項目 [オブジェクト名の表示サポート] に配置されている [終了] ボタンをクリックすると、オブジェクトの名前が [ウィンドウ] リージョンに表示されなくなります。